コンテンツへスキップ

アメリカの投資家ビザにかかる費用

    今回は、アメリカの投資家ビザにあたるEB-5ビザ(移民ビザ)とE-2(非移民ビザ)の費用をテーマにして話していきたいと思います。

    EB-5の費用

    初めに、移民ビザのカテゴリーであるEB-5ビザの費用についてですが、80万ドルの投資、または100万ドルの投資の選択肢があります。それぞれの金額に応じて、アメリカ政府が指定した投資先の事業が振り分けられているのですが、100万ドルの場合はさらに規模の大きな事業になるのかと思います。このタイプのビザは非常に費用を要しますし、100万ドルの投資をしたからといって必ずグリーンカードが手に入るというものでありません。ですので、リスクも相当あるかと思います。

    E-2ビザの費用

    対して、E-2ビザの必要資金はEB-5に比べるとかなり低くなり、事業の形態や業種などによっても変わってくるので一概にこれという金額はないのですが、一つの目安としてはだいたい25万から30万ドルが必要になってくると思います。E-2ビザはEB-5のように投資先が指定されているようなことはないので、わりと自由な事業の展開ができます。例えば、すし屋、ラーメン屋、美容院などを買収する事業買収やオフィスを構えて新規事業の立ち上げなどがよくあるケースです。

    弊社では多くのE-2ビザ案件に対応している

    弊社としましても、E-2ビザを使っての事業展開を希望するお客様に多く対応してきました。ビザ申請のプロセスや必要な書類などに関しては、私自身でE-2ビザを取得した経験があるので弁護士と共にしっかりサポートできます。その後の事業展開の際にも、弊社としてはコンサルという形で関割らさせていただいたり、従業員を探している(求人)企業には必要な人材紹介もしています。特に日本から来られる方は最初英語が得意ではないので信頼できるバイリンガルを紹介してほしいというニーズを実際多く聞きます。弊社ではビザに関わらずアメリカの多くの企業様(特に日系企業)に紹介しております。また昨今では、企業を経営するうえでウェブやソーシャルメディアの活用が欠かせないものになっているので、IT支援という形でWEB開発やデジタルマーケティングの対応をさせてもらっています。

    弊社の強みとしては、アメリカの起業コンサル、人材支援、WEBやSNSなどのIT支援がアメリカでの実績を通してワンストップで対応できることだと思います。

    私自身のE-2ビザ取得の経験

    2013年に、私自身ビバリーヒルズにある総合美容サロンを買収してE-2ビザを取得しました。ビバリーヒルズでTop5に入る高級美容サロンでハリウッドセレブを顧客にもつ総合美容サロンを事業買収しスタートしました。日本人の多いエリアではなかったのでそこで許認可(ライセンス)、アメリカビジネスの基礎と仕組み、アメリカでのマーケティングなど多くのことを実践で学びました。そこでの経験が多くのお客様へのコンサルティング支援で役に立っております。

    E-2ビザ取得までの2ステップ

    まず、最初のステップが日本からの投資金の送金です。簡単にいうと、日本国籍の方の銀行口座からアメリカで始める企業の口座に送金したことを証明する必要があります。先ほども話しましたが、金額の目安としては運転資金なども考慮して25万ドルから30万ドルくらいです。もう一つのステップとしては、経費を証明することです。これは、日本から送金した資金の中から、事業投資金としてどのくらいのお金が使われたのかを証明する必要があります。この事業投資金だけでいうと20万ドルが目安ですが、あくまでこれは初期費用になるので、そこから運転資金など考えると、やはり25万ドルくらいは必要になってくると思います。

    重要なのは資金だけではない!

    ただし、ビザの審査基準はお金だけではないというところも認識しておくと良いと思います。アメリカ人を実際雇い、雇用を増やすことが重要です。「雇用を増やせるだけの経営手腕と資金がありアメリカにとって価値のある人」ということをPRしていくことが重要です。

    アメリカでM&Aをしてみませんか?

    日本には中古品を買うという概念があまりないので、M&Aの経験がない方がほとんどだと思います。弊社はそのような方でも丁寧にサポートしていますので心配はありません。ご気軽にご相談ください。