カリフォルニアの気候は?

aiTWorksはアメリカやハワイでの起業、企業買収による投資家ビザ(E2ビザ)の取得のサポートを行っています。私たちは日本語が話せる投資家ビザ専門の移民弁護士や公認会計士を自社に抱えていることに加え、投資家ビザから永住権の取得に成功した経営者によるノウハウを提供しています。

カリフォルニアの気候は?

2019年5月31日 アメリカ移住FAQ 0
カリフォルニア 気候

 

雨の降らない温暖な気候をお探しではありませんか?

カリフォルニアの気候は皆さんのニーズを完全に満たしてくれます。サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ、どの街も同じ気候をしています。

この記事ではカリフォルニアの気候について詳しく解説します。

雨の降らない州カリフォルニア州

雨降らない カリフォルニア

カリフォルニア州では1年を通して全く雨が降りません。日本ではどのシーズン雨が降るので、日本の天気にうんざりしている方にはおすすめの気候です。年に数回しか雨が降らない地域も少なくありません。したがってカリフォルニア州では傘が売っておらず、折りたたみ傘しかありません。

先ほど言ったように基本的に1年中雨は降りませんが、雨の降りやすいシーズンは存在します。12月~3月、特に2月、3月が雨が降りやすいです。カリフォルニアの中でもサンフランシスコなどの北部はロサンゼルスやサンディエゴなどの南部に比べて雨が多く降ります。

年中暖かい州カリフォルニア州

カリフォルニア 暖かい

カリフォルニアは日本とは全く異なり、四季がほとんど存在しません。年中を通してほとんど同じような気候をしています。ただ8月頃暑くなり、1月頃寒くなるというように日本と気候サイクルは同じです。

カリフォルニアの気温は年々少しずつ上昇しており、8月などには最高気温35℃を超える時もあります。1月頃は最低気温10℃ぐらいまで落ちる時があります。カリフォルニアでは日本のように冬に雪が降ることは全くありません。

カリフォルニアの気候の必須アイテム

カリフォルニア 必須アイテム

特徴的なカリフォルニアの気候に対応するために必須なアイテムがあるので紹介します。

サングラス

カリフォルニアでは年中を通して日差しがかなり強いのでサングラスの着用が必須になります。1月などの気温が落ち込む時でも日差しは強いので注意が必要です。あまりにも日差しが強すぎてサングラスを着用していないと目にダメージを与えることもあるようです。サングラスに加えて帽子も常備しておいたほうが良いでしょう。

日焼け止め

カリフォルニアでは特に夏の日差しがかなり強いので、日焼け止めが必須アイテムになります。先ほどの目の場合と同じように肌に日焼け止めを塗っておかないと、肌にダメージを与えてしまいます。カリフォルニアでは特に西日が強いです。

肌が敏感な方はリップクリームやボディーローション、ハンドクリームを常備しておくと良いでしょう。

ジャケット

カリフォルニアでは朝晩の気温がかなり激しいです。気温が35度を超える夏ですら夜は冷え込むことがあります。カリフォルニアではジャケットやカーディガンなどの羽織るタイプの服装がオススメです。特に海岸近くは夜かなり冷え込むので事前に天気予報をチェックしておくことをオススメします。

水筒

カリフォルニアでは湿度がかなり低く雨が降らないことから、非常に喉が渇きやすいです。先ほど述べたように日差しも強いので熱中症対策のために水分補給は欠かせません。日本と違って自動販売機がアメリカには少ないので水筒を常備しておくと良いでしょう。

まとめ

カリフォルニア州は日本とはかなり気候が異なります。

ほとんど雨の心配がなく、温暖なため一見過ごしやすそうに聞こえますが、日差しが強すぎる、乾燥しすぎる、寒暖の差が激しすぎるなど気をつけておくポイントが複数あります。

ぜひカリフォルニア州に来る際は対策をしておきましょう。

カリフォルニアに移住したいと思った方は以下の記事を参考にしてください。アメリカに移住する方法をまとめています。

 

アメリカ移住に必要なビザは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です