事業投資でハワイに移住

事業投資でハワイに移住

事業投資でハワイに暮らす・移住する

1年中穏やかな気候で、自然豊かで、食べ物が美味しく、温厚で馴染みやすい人たちがたくさんいて、魅力で溢れるハワイ。

そんなハワイに移住したいと思ったことはありますか?

ハワイには上記にあげたような魅力がたくさんありますし、日系人も多く住んでいるため、アメリカでの生活に慣れるという意味でもハワイは移住先としては申し分のない選択であり、引退後や老後にハワイに移住したり、子どもにアメリカの教育を受けさせたく家族連れでハワイに移住したりする人たちは多くいます。

とはいっても、どうしたらハワイに移住できるのでしょうか?

ハワイに移住する方法の1つに、事業投資があります。ハワイにある事業に投資することで投資家ビザが取得でき、あなた自信だけでなく家族連れで移住することが可能になるわけです。

投資家ビザには、EB5とE2ビザという2種類のビザがありますが、EB5は投資額が高かったり投資先が選べなかったりと様々な制約がある一方、E2ビザは2500 ~ 3000万円の投資額で取得することができ、投資先も自由に選ぶことができます。

E2ビザの有効期限は2年ですが、更新可能ですし更新の回数にも制限はないとアメリカ移民局は規定しています。また、E2ビザ取得者の配偶者と21歳未満の未婚の子どももE2ビザは取得できるので家族連れで移住することが可能です。さらに、配偶者はI-765というフォームを提出することでアメリカでの労働許可を申請することができ、通れば特に制限なく就労することができるようになります。

ハワイにある事業に投資をご興味がある方は、BUSINESS MAまでお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です