コンテンツへスキップ

投資ビザでハワイに移住する【3,000万円で可能です】

    投資家ビザを取得してハワイに住む方法に興味はありませんか?

    実際インターネットで調べると、多くの記事がEB-5(1億円の投資が必要のビザ)のことばかり書いています。そのような情報がネットに蔓延しているため、ハワイに移住できる状態にも関わらず、多くの人が諦めているのが現状です。

    しかしこの記事を読んだ方はラッキーです。ハワイで永住権を獲得するにはEB-5以外の方法があるので紹介します。

    EB-5とは?その費用とは?

    冒頭に書かれてあるEB-5とは具体的にどのようなビザのことを指すのでしょうか?

    EB-5(イービー・ファイブ)とは米国移民法により定められた政府公認のアメリカ永住権を取得する投資永住権プログラムです。多くの会社や団体は日本人がハワイに移住するにはEB-5がおすすめであり、将来グリーンカードを取得できて投資のリターンも期待できるとEB-5の取得を推奨しています。

    しかし、現実はそう簡単に甘くはありません。

    EB-5で1億円近くを投資したにもかかわらず、永住権が取れなかったり、投資のリターンが返って来ないような失敗ケースも稀ではないのです。年々アメリカ政府は移民に対してかなり厳しくなっているため、EB-5の投資先もかなり限定されているのが現状で、投資先として全くおすすめとは言えません。

    現在ハワイ移住を実現したい芸能人等がEB-5を利用しています。

    E2ビザで永住権を獲得する

    ではEB-5以外の方法でどうやってハワイ移住を実現することができるでしょうか?

    E2ビザという投資家ビザでハワイに移住することが可能です。EB-5とは違ってE2ビザにかかる費用は約2,500万円~3,000万円になります。E2ビザではアメリカでビジネス(会社設立)をすることが条件になります。

    E2ビザと「飲食店経営」を連想してしまいがちですが、E2ビザではどのようなビジネス形態でも基本大丈夫です。美容サロンやコンサル会社、ウェブ会社など自分の興味のあるビジネスで問題ありません。

    またE2ビザは必ずしもハワイでビジネスをする必要はありません。アメリカであれば基本的にどこでも問題ありません。

    E2ビザは管理職以上の経験が必要

    お金さえ払えば取得できる可能性あるEB-5ですが、E2ビザは投資以外にご自身の経歴チェックや収入などのチェックがあります。

    移民弁護士によるとE2ビザでは過去にリーダー職、管理職または経営の経験があることが必要です。

    30代以上の方はE2ビザが取れる可能性が高いということになります。

    E2ビザでは起業ビザではない

    E2ビザ取得のキーワードは投資金、従業員雇用、経歴です。投資金25万ドルから30万ドル程度以外に実際に会社で従業員を雇用することも必要になります。またご自身のバックグランド(学歴や経歴)とアメリカで開始する事業があっている方がビザ取得の意味でも事業の成功という意味でも良いです。

    アメリカでのビジネスプランがある場合はそれに基づいて新規の事業を立ち上げて事業投資する。もし事業プランがない場合や定まっていない場合はスタートアップビジネスの紹介やアメリカビジネスのM&A案件をご紹介できます。

    なぜ新規事業で失敗する可能性が高いのか

    アメリカではソーシャルセキュリティーナンバーと呼ばれる個人ナンバー、クレジットヒストリーによってリース契約などが行われます。しかしアメリカでこの個人ナンバーを外国人として取得することがかなり難しく時間がかかってしまいます。

    したがってアメリカで新規事業を始める際に必要なビジネスライセンスの獲得やリース契約でオフィスを借りるのに多くの方が苦戦し、事業のスタート地点にすら立たせてもらえません。

    我々はこれから事業投資する日本のお客様にアメリカでの信頼をベースに契約の交渉、各種ビジネスライセンス取得、リース契約などがスムーズに進むように支援しております。また多くの実績を有しています。

    スタートアップやM&Aではすぐにビジネスがスタートできる

    スタートアップビジネスやM&Aの場合はビジネスライセンスはそのままついてきます。新規事業であっても我々のサポートでアメリカ人と変わらないスピードでライセンス取得が可能です。

    またアメリカではM&Aがかなり盛んなので、比較的スムーズに相手のビジネスを買い取ることができます。この記事を書いている私も実際にベバリーヒルズの美容サロンやネットビジネスを買収しました。

    E2ビザはハワイでなくてもOK!

    先ほども述べたようにE2ビザはハワイで必ずしもビジネスを運営する必要はありません。例えば、ロサンゼルスでビジネスを運営しつつハワイで暮らすというようなこともできるわけです。

    ハワイはやはり飲食店や観光業ビジネスが多いので、もしかしたら皆さんのやりたいビジネスがないかもしれません。そのような方は良いビジネスが売りに出されている地域で企業を買収し、E2ビザを獲得し、ハワイ移住を実現可能することも可能になるでしょう。

    E2ビザで安くハワイに移住する

    景気の悪い将来の日本を避けるため、現在多くの日本人が海外移住に目を向け始めています。

    ハワイやロサンゼルスは日本人の人気の移住先として選ばれているため、コミュニティーが多いので移住先で困ることはほとんどないでしょう。

    7000万円近くの無駄な出費を抑えてハワイの移住を考えてみませんか?

    皆の知らないE2ビザで賢く憧れの海外生活を手に入れませんか?

    終わりに

    私たちはM&A利用によるE2ビザでのハワイやロサンゼルスへの移住を専門にしています。私たちは今までM&Aを通して多くの日本人のアメリカ移住を可能にしてきました。

    私たちはE2ビザ専門の弁護士や公認会計士と一緒に皆さまのE2ビザ獲得を全面的にサポートしています。またビジネスコンサルタントとして多くの実績があるのでアメリカでどのようなビジネスをスタートすれば良いのか?どのような買収すれば良いか?スタートアップビジネスのご紹介、アメリカ企業の買収、ビジネスの伸ばし方やマーケティング、人材についても支援させていただいています。

    ハワイやロサンゼルス移住に興味のある方は以下のリンクよりお問い合わせください。