コンテンツへスキップ

アメリカで投資家ビザを取得する

    投資家ビザを取って他の国に移住することを考えていませんか?

    アメリカでは投資家ビザを取得することで永住権を取得することができます。アメリカの投資家ビザに関して、ほとんどの人はEB-5という1億円投資プログラムしか知らないですが投資額が4分の1で済む、皆があまり知らないお得なビザが存在します。

    この記事ではアメリカ永住権獲得にはどのような投資家ビザを取得すべきかについて解説しています。

    日本の将来に対する不安・・・

    日本は安全で住みやすく現状に不安のない方は多いと思います。

    しかし、若者が少なく年寄りばかり多い高齢化社会になっており、自分が年をとったときに国の財政に不安が残ります。人口減少によって国の消費は減り、経済が低迷することが容易に予想されます。

    企業の業績が落ちると、給料の低下を回避することはできず、また人口減少のため長時間労働になる可能性もあり、若い世代でも日本の将来に対する不安を抱えている方は多いでしょう。

    かつてオリンピック後に景気が良くなった国は存在しないため、2020年のオリンピック後に景気が悪くなることも容易に想像できます。そんな中、海外に移住したいと考えの方は多いのでないでしょうか?

    海外移住を考える

    日本で死ぬまで住みたくないという方に海外移住の選択肢が出てきます。しかし海外に移住するのは決して簡単ではありません。外国人による永住権を認めていない国は多いのが現状です。せっかく日本を去るので、日本より将来性があり、かつ移住しやすい国を見つける必要があります。

    東南アジアは移住するには比較的安く済みますが、インフラがまだ整っていない国や危険な国が少なくありません。さらに移住コストが増加したり条件が厳しくなっているのが現状です。

    アメリカはなぜ投資先として有効か?

    アメリカは現在GDPが世界1位でかなりのスピードで経済成長しています。米国経済は過去30年で年率約8%の成長を遂げてきました。世界はアメリカ中心に回っています。ドルの価値が落ちていくことは考えづらいので、アメリカで資産を保有することは賢明な判断でしょう。

    アメリカに移住する際にアメリカの治安を心配されるかもしれません。アメリカは場所によって危険度が違うので、安全な地域もたくさんあります。場所によって日系企業も多く進出しているので、日本人が多いコミュニティーもあるので投資して移住するには決して悪くないでしょう。

    アメリカにはどのような投資ビザが存在するか?

    アメリカの投資ビザは大きく分けて二つあります。

    ・EB-5と呼ばれる投資永住権プログラム

    ・E2ビザと呼ばれる投資駐在員ビザ

    EB-5は制約が多いかつリターンが見込めない

    多くの人はEB-5(イービー・ファイブ)のことを聞いたことがあるでしょう。EB-5ではおよそ1億円をアメリカ政府から認可された地域センターを通してアメリカに対して投資を行わなければなりません。昔は5,000万円の投資で済んだのですが、最近は1億円必要で、さらに将来は1億6,000万まで金額が上昇すると言われています。

    EB-5では2年間に10名以上の正規雇用を生み出す必要があるため、投資商材の選定には慎重にならなければなりません。

    EB-5の投資商材はあまり良くない

    EB-5ではアメリカ政府から認可された投資プログラムから選ぶ必要があるため、投資商材も必ずしも良いものがあるとは限りません。EB-5の目的は、アメリカの地域、雇用、企業の発展の促進であるため、アメリカでもあまり発展していないような場所に対して投資を行なわなければいけません。

    またEB-5を使ってアメリカ移住を考えている方は注意が必要です。EB-5は投資の案件によっては永住権が下りないこともあり、かつEB-5のビザが下りるまでもかなりの時間がかかるので、できるだけ早くアメリカに移住したい方にはおすすめできない投資家ビザです。

    E2ビザはEB-5に比べて圧倒的におすすめ

    現実的に考えてEB-5はやめておこうと思った方が大半だと思います。リターンがあるかもわからず、アメリカの永住権も取れるか定かではないビザに対して、1億円投資するのは賢明と言うことは言えません。アメリカの投資ビザにはもう一つE2ビザと呼ばれる投資駐在員ビザが存在します。

    E2ビザでは投資額をEB-5の25%に抑えることができる

    E2ビザでは投資金額が約2,500万〜3,000万円でEB-5の約25%で済ませることができます。それに加えて、E2ビザでは自分で投資商材を決めることができるため、自分の専門分野にフォーカスすることができます。おすすめの投資のやり方はアメリカにある既存のビジネスをM&Aによって買収することです。アメリカではビジネスの売り買いが非常に盛んなため、頻繁にビジネスが売りに出されています。

    自分の得意分野や興味のあるビジネスでかつすでに収益があり、利回りの高いものを買収することで投資家ビザを取得することができます。E2ビザではEB-5の時と同様にグリーンカードを取得することができます。どちらの方法で取得してもグリーンカードの効力は全く同じというわけです。それならリターンが保証されて良いビジネスが多いE2ビザの取得を検討しませんか?

    アメリカに移住するための他の方法は?

    EB-5、E2ビザ以外にどうやってアメリカに移住することができるでしょうか?現実的に言うと、アメリカに移住するためのオプションはあまり多くありません。日本人に最も多いビザ取得は以下の通りです。

    ①アメリカ人と結婚して永住権を獲得する

    ②アメリカの大学を卒業し企業からスポンサーしてもらう

    ③日系企業の駐在員としてアメリカに来て永住権を取得する

    ④投資家としてE2ビザを取得し、アメリカに移住する

    上に示したような4つの選択肢の中で、できるだけ早くアメリカへの移住を実現したい方は①もしくは④の選択するのが良いでしょう。投資家ビザであるE2ビザは制約が他のビザに比べて緩く、かつ日本人は他の国出身に比べて、かなりビザが降りやすいので投資家ビザでアメリカ移住を考えている方にはかなりおすすめです。

    aiT WorksはE2ビザのサポートを行います

    私たちaiT Worksは今までアメリカでの日本人によるE2ビザの獲得を数多く成功させ、ITコンサルタントとして皆様の好みに応じて、利回りの高いビジネスを選定し買収してきました。

    また私たちはE2ビザ専門の移民弁護士や公認会計士と協力して皆さんをサポートしています。投資家ビザであるE2ビザを取得して日本から離脱しアメリカ移住を実現しませんか?