ハワイへ不動産投資するべきなのか?

aiTWorksはアメリカやハワイでの起業、企業買収による投資家ビザ(E2ビザ)の取得のサポートを行っています。私たちは日本語が話せる投資家ビザ専門の移民弁護士や公認会計士を自社に抱えていることに加え、投資家ビザから永住権の取得に成功した経営者によるノウハウを提供しています。

ハワイへ不動産投資するべきなのか?

2019年4月24日 ハワイ 0
ハワイ 不動産投資

 

ハワイへ不動産投資するのは実際にどうなの?と疑問に思ったことはありませんか?

ハワイの不動産は日本の不動産に比べて安定していてさらにアメリカに資産を持つことにつながります。またハワイに不動産を持つことによって休暇中にもバケーションで何度もタダで宿泊もすることが可能です。加えて日本人不動産投資家は他の方に比べてハワイ移住がしやすい状況でもあります。

この記事ではハワイへ不動産投資にするメリットやハワイに移住するためにはどのようなビザを取得すればいいかについて解説しています。

ハワイの不動産に投資するメリットは?

ハワイへの不動産投資にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

日本円だけの資産は危ない

日本 資産

2020年のオリンピック以降景気が悪くなると言われている日本。少子高齢化で今後、国がどのような状況になるか想像つかない状態で日本円として資産を保管しておくのはリスクと考えている人は多いのではないのでしょうか?そんな中ハワイで不動産を持っておくことは、米ドルを保有することと同じことになるのでリスク分散することができます。

賃貸として稼ぐことができる

外貨をそのまま保有する場合と違って、不動産は毎月家賃収入が入ってきます。土地を持っている場合でも、場所によっては駐車場として貸し出すことができます。もし建物を持っている場合は、居住地として貸し出すことができます。

不動産を売る時も、中古で売却しづらい日本とは違ってハワイは中古市場が大きいので不動産を投資する場所としておすすめです。ただしハワイでは30日以内の短期滞在に対して貸し出しができないのでairbnbなどを上手く活用できないという点に注意する必要があります。

バケーションレンタルに使える

バケーションレンタルとは日本でいう賃別荘のことです。別荘を持つオーナーさんから一定期間物件を借りて、バケーションを過ごすという方法です。ハワイへの旅行中に宿泊先として利用することができます。ハワイは日本から近く正月を中心に多くの人が旅行先として選びます。

普段は自分がその物件に住み、正月などの観光客の多い時期になるとその別荘を他人へ貸すことで賃貸料を得ることができます。バケーションレンタルは日本ではできない投資方法なのでおすすめです。

なぜハワイが不動産投資家から注目を浴びているのか?

ハワイへ不動産投資をする日本人は少なくありません。なぜ皆さん投資先をハワイに選んでいるのでしょうか?

日本語で対応してもらえる

海外の不動産投資をするのは日本人にとってはハードルが高いのが現状です。日本で英語ができる人は少なく、地理的にも他の国から離れているため他の国に不動産投資したくてもできない日本人は少なくありません。しかし、ハワイにはかなりの日本人がいるため日本語で対応してもらえることから多くの日本人から投資先として選ばれています。

今後ハワイに人が集中する

ハワイ 移民

ハワイは年々開発が進んでいるため、ハワイへの人口増加が予想されます。人口が増加するということは需要があることを意味しますから、不動産の価格が高くなります。一般にハワイでは海に近い物件を買っておくと価値が落ちづらい傾向にあります。

中古物件でも価値のある物件が多い

日本人は新築が大好きなので、居住し始めると不動産の価値がすぐに落ちることはよくあります。日本では中古の物件を売りづらいですが、それとは別にハワイは中古物件が頻繁に取引されています。人口の増加が見込めるハワイでは、不動産の需要がかなりあるので転売がしやすい環境にあります。よってインカムゲインと大きなキャピタルゲインを得ることができます。

リゾート地として人気のハワイ

気候が良く自然災害のないハワイは世界中の観光客から大人気の都市です。年中を通して多くの方が訪れるハワイは空室を防ぐには最適なエリアです。比較的お金を持った方がハワイにバケーションとして来るので海に近い滞在先として人気のエリアに不動産を持っておくことはおすすめです。

土地より建物の方が値段が高いので税金対策に有利

ハワイ 建物 有利

ハワイは日本とは異なって建物より土地の方が高いため節税対策にとても有効に働きます。先ほどお話しした通り、ハワイには古い物件を取り壊すという文化がないため、築年数の古いコンドミニアムでも価値が落ちません。したがって古い物件を短い期間で減価償却できるだけでなく、売却する時にはキャピタルゲインを狙うことができます。

高い減価償却を短い期間で計上することに加え、売却しやすい環境にあるハワイの不動産は多くの節税を狙う多くの日本人から良い投資先として選ばれています。

ハワイに移住するためにはビザが必要

ここまでハワイに不動産メリットするメリットを見てきました。せっかくのハワイでの物件の購入。どうせならハワイの移住権が欲しいですよね?ではどうやってハワイに移住することがでしょうか?

ハワイはアメリカの国一部なので、アメリカに移住する場合と同じようにビザを考えなければいけません。一般にアメリカに移住するのは簡単ではありません。ほとんどの方がアメリカのビザが厳しすぎるという理由でアメリカ移住を諦めています。

しかし、ハワイへ不動産投資しようとしている方たちならハワイへの移住はそこまで難しくありません。E2ビザという投資家ビザを持ってハワイに移住することができます。E2ビザとは一般に投資家ビザとして知られるビザで、アメリカに事業を始めることによって取得することができます。

E2ビザでのおすすめの方法

E2ビザ ロサンゼルス

「投資家ビザ=ハワイで新規ビジネスを始める」このような固定概念を多くの方が抱いています。ハワイでE2ビザを取得しようとする方の多くが日本食レストランなどの開業を試みます。しかしアメリカで新規ビジネスを行うのはかなり大変で多くの方が失敗してしまいます。

アメリカではソーシャルセキュリティーという個人ナンバーを持っていないと、リース契約ができなかったり、ビジネスに必要なライセンスを取得できなかったりするので多くの方が実際にビジネスを開始するまでに多くの歳月を費やしてしまいます。

E2は多くの選択肢がある

しかしE2ビザでは必ずしもハワイで事業を行う必要はありません。例えば、ロサンゼルスやニューヨークなどのビジネスが発展している地域でビジネスを行っても問題ないのです。

またE2ビジネスでは必ずしも新規ビシネスを始める必要もなく、M&Aで企業を買収しても全く問題ないのです。自分の興味のある事業や、自分の専門分野、利回りの良いビジネスを買収することができます。

日本人不動産投資家におすすめの方法は既存のビジネスをハワイ以外のビジネスが活発な州でM&Aで買収してオーナーになることです。特にロサンゼルスは雨が降らずに一年中日本の夏のような気候でさらにハワイからもかなり近い上、ビジネスがかなり発展しているのでおすすめの地域です。

まとめ

ハワイは日本人にとって良い投資先として今でも選ばれています。需要の高い中古市場によって価値の落ちづらい不動産になっていることに加え、建物の価値が高いため高い減価償却額を短い期間で計上することができます。またハワイは海外の不動産にも関わらず、日本語で対応してもらえることから安心して節税対策ができる投資先として多くの日本人から好まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です