日本人にアメリカ移住をおすすめしたい理由

aiTWorksはアメリカやハワイでの起業、企業買収による投資家ビザ(E2ビザ)の取得のサポートを行っています。私たちは日本語が話せる投資家ビザ専門の移民弁護士や公認会計士を自社に抱えていることに加え、投資家ビザから永住権の取得に成功した経営者によるノウハウを提供しています。

日本人にアメリカ移住をおすすめしたい理由

2019年5月1日 ビザ 0
日本人 アメリカ 移住

 

すべてにおいて世界1位で常に最先端のアメリカ。

アメリカに住むという憧れを誰もが抱いているのではないでしょうか?しかしアメリカに移住する場合、どのようなメリットがあるのだろうかと疑問に思うことがあるでしょう。

この記事では具体的アメリカ移住にどのようなメリットがあるかについて解説しています。

アメリカ移住の現状

アメリカ 現状

アメリカ合衆国は現在GDP世界1位で経済大国として知られています。アメリカのGDPは1991年が約6兆ドルでしたが、2011年には約15兆ドルまで成長し、2019年現在では19兆ドルになっています。

一方、日本は1991年では468兆円、それから約20年間ほとんど推移していません。最近では中国にも抜かれ、GDP世界3位へと後退してしまいました。

世界で圧倒的GDPを誇るアメリカには現在約50万人の日本人が在住しており、世界の国別で見た時にアメリカ在住者は第1位になっています。

アメリカ移住するメリット

アメリカ移住 メリット

海外の中で最も日本人の住むアメリカに住むメリットは多くあります。

1 高いレベルの教育

アメリカでは高いレベルの教育を受けることができます。世界大学ランキングのTOP100に入っている大学の多くはアメリカの大学です。したがってアメリカの大学に多くの優秀な学生が集まってきます。

子供がいる場合はそのような環境で教育を受けることができるアメリカは最適な場所と言えるでしょう。アメリカの大学や大学院を卒業していると将来世界で通用する人材になります。

2 投資価値が高い

冒頭で述べたようにアメリカは経済大国として毎年成長しています。アメリカ移住を希望する外国人が後を絶たないため、アメリカの不動産価格は年々高騰しています。アメリカに移住して家を購入すると数十年後には家の価値が上がっていることは間違いないでしょう。

3 価値観が多様になる

アメリカは多くの人種が集まってできている国でLGBTにも寛容です。このような環境に住んでいれば必然的に価値観が多様になります。特にカリフォルニア州のサンフランシスコやロサンゼルスでは特に様々な人種の人たちが住んでいます。

アメリカ中心部になるとまだ白人ばかり住んでいる地域も多数存在しますが、年々人種差別も少なくなり日本人などのアジア人にとって住みやすい環境に変化していっています。

4 多くの日本人がいる

冒頭でも述べた通り、アメリカには多くの日本人が住んでいます。特にハワイやロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコに日本人が集中しています。このようなアメリカの都市では多くの日本人コミュニティーが存在するため生活には困らないでしょう。

アメリカには日本人が多く住んでいるため、日本食に困ることはないですし、日系企業で仕事をすることもできるのでアメリカ企業以外でも働くことは可能でしょう。

5 子供が英語を話せるようになる

アメリカで子供を育てると将来子供が世界で通用する人材になるでしょう。日本語と英語の両方を話すことのできるバイリンガルを育てることができます。

日本でインターナショナルスクールに通わせないと英語がペラペラにならないことを考えるとアメリカに家族で移住することは悪い考えではないでしょう。

6 労働環境が良い

アメリカの労働環境は非常に良いです。日本だと朝は満員電車に乗り、夜は毎日残業ということはありません。アメリカは車社会なので電車やバスに乗る必要もないですし、夕方5時以降仕事が続くことはありません。

それはアメリカの日系企業に関しても基本的に同じです。アメリカの日系企業は日本よりも高い給料を払いますし、残業を強いることはありません。

アメリカ移住の際に直面するデメリット

アメリカ移住 デメリット

一見アメリカに移住することは聞こえがいいかもしれませんが、移住の際にデメリットはあります。

1 治安が悪い

アメリカは日本よりも一般的に治安が悪いです。場所によっては夜出歩けないところもあるので、日本より少し不便だと感じることもあるかもしれません。犯罪に巻き込まれないようにアメリカの治安については前もって調べておく必要があります。アメリカも場所によっては日本よりも治安の良いところがあるので、そのような場所に移住すれば問題ありません。

2 医療費が高い

アメリカの医療費や保険は日本に比べてかなり高額です。アメリカの保険は日本と違って治療の範囲によって選ばないといけないので必然的にその額は高くなる傾向にあります。例えば、歯の治療に関しては日本にわざわざ帰る方も多いです。

日本の感覚でアメリカの歯医者に行くと高額を請求されるのでアメリカ移住する前は必ず歯を完璧に治しておくことをおすすめします。

アメリカに移住する方法

ハワイ 移民

アメリカに移住する方法はさまざまです。アメリカ人と結婚して移住するパターン、アメリカの企業からスポンサーしてもらうパターン、駐在員のままそのまま移住するパターン、投資家として移住するパターンが主なやり方です。

一番おすすめのやり方は投資家としてアメリカに移住するやり方です。EB-5と呼ばれる1億円の投資家ビザがよく知られていますが、投資家ビザには他にも方法があります。おすすめの方法は約3,000万円の投資で既存のビジネスを買収しE2ビザと呼ばれるビザを取得し、そのままアメリカ移住をする方法です。

移住するためのビザ

アメリカ移住するには必ずビザが必要です。アメリカはビザに関してかなり厳しいのでどのようなビザでアメリカに移住することができるか確認する必要があります。アメリカ移住に必要なビザはそこまで多くの種類がありません。

アメリカ移住に必要な英語力

アメリカ 移住 英語

アメリカ移住に英語が必要だと思われがちですが、実際のところアメリカに住むにあたっては英語が必要ではありません。先ほども述べたようにアメリカには日本人がたくさんいるので、英語を話せなくても生きていくことは可能です。

アメリカ企業で働きたい場合ではある程度の英語が必要です。エンジニアなどの職種ではそこまでの英語力が必要ではないですが、営業などの話すことが主になる仕事ではネイティブクラスの英語力が必要です。

アメリカ移住におすすめの街

ハワイ 投資ビザ 移住

アメリカ移住にオススメの都市を紹介します。アメリカは日本とは違って都市や州によってかなり特徴が違うので前もって移住候補地について調べておきましょう。

ハワイ

ハワイには多くの日本人が住んでいるため、アメリカの移住先として多くの日本人から選ばれています。ハワイの施設の多くは日本人に対応しているため、英語が全く話すことができなくても問題ありません。

一年中温暖な気候でリゾート地として知られるハワイに住むことはコスト的には簡単ではなく、日本より物価が高いので少し注意が必要です。

ロサンゼルス

ロサンゼルスは一年中雨がほとんど降らず、温暖なカリフォルニアの気候に囲まれているので、移住先にはかなり最適です。ディズニーランドやユニバーサルスタジオのような遊べる場所もたくさんあるので、子連れの家族には最適の移住場所です。

またUCLAやUSC(南カリフォルニア大学)、UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)のような名門校もたくさんあるので、高い水準の教育を受けることができます。

テキサス

今不動産投資として注目が集まっているのがテキサス州です。トヨタがテキサスに移動したことや多くの企業がオースティンやダラスに移動していることから今後テキサスでの不動産価格が高騰するのではないかと言われています。

日系企業も多くテキサス州に進出していることから日本人コミュニティーが作られることが予想されます。日本人のアメリカ移住先としては悪くはないでしょう。

まとめ

aitworks

日本人のアメリカ移住には大きなメリットがあります。皆さんのアメリカに移住という夢を叶えるため、私たちaiTWorksはさまざまなソリューションを提供しています。アメリカ移住に関して無料相談を行っているのでご気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です