【ハワイ移住計画】生活費はいくらかかるの?

aiTWorksはアメリカやハワイでの起業、企業買収による投資家ビザ(E2ビザ)の取得のサポートを行っています。私たちは日本語が話せる投資家ビザ専門の移民弁護士や公認会計士を自社に抱えていることに加え、投資家ビザから永住権の取得に成功した経営者によるノウハウを提供しています。

【ハワイ移住計画】生活費はいくらかかるの?

2019年5月10日 ハワイ 0
ハワイ移住計画

 

ハワイ移住するために実際どれぐらい費用がかかるのか計画を立てる必要があります。

ハワイ移住にはいくらかかるのか、またハワイで生活するには毎月どれぐらい必要になるのかと気になる方も多いでしょう。

この記事では具体的にどれぐらいのお金が必要になるのか解説していきます。

ハワイに移住するには?

ハワイ 移住

そもそもハワイに移住するにはどうすればいいんでしょうか?

ハワイは日本人が多いので簡単に移住できそうに見えますが、完全にアメリカなのでハワイに移住する方法はアメリカに移住する方法と全く同じになります。

ハワイに住む日本人の多くは投資家ビザによって、移住に成功した人たちです。投資家は大きく分けてEB-5E2ビザに分かれます。EB-5は約1億円の投資金が必要で、E2ビザは約3,000万円が必要になります。効率的にハワイに移住するにはE2ビザを取得することがお勧めです。

ハワイにはどのくらい日本人が移住しているのか?

ハワイ 移民

ハワイには現在約20万人の日本人が住んでいます。ハワイの総人口は120万人なので約15%が日本人で占められていることになります。したがってハワイには大きな日本人コミュニティーがあるので、外国人と移住しやすい環境にあります。

ハワイでは日本人があまりにも多いため、英語を話さず暮らしていくことすらできます。問題は生活費です。生活費がreasonableであればハワイ移住という選択肢は十分出てくるでしょう。

ハワイの家賃の相場はどれくらい?

ハワイ 移住 家賃

ハワイの物価は日本よりも高いです。家賃も当然ながら高く設定されています。特にハワイは世界中からリゾート地を求めて多くの方がやってくるので年々家賃も値上がりしていってます。家賃に関して、ハワイでコンドを買う場合と、借りる場合の2パターンがありますが、ご自身の資金によります。

 

ハワイで物件を買うか、賃貸をするか

ハワイの不動産は年々上がり続けているので資金が潤沢な方は家やコンドミニアムなどの購入を検討されてもいいかもしれません。不動産を所有すると、維持費がかかるので注意が必要です。

ハワイで賃貸で借りる場合は、約900ドル前後から家を見つけることができます。ワイキキ付近になると、家賃が1,000ドル以下で借りることは不可能になってくるので完全に場所によります。

ハワイの食事は月にいくらするのか?

ハワイ 移住 食費

ハワイの食費は東京で生活するよりも少し高めにつくでしょう。

例えば、ハワイで外食をすると、約30ドル前後かかります。ハワイに移住するとなるとほとんどの方が外食ではなく、自炊を検討するでしょう。

 

日本製品は高く、アメリカ製品は安い

自炊をする場合も外食同様、日本と同じ食事を望んでしまうと、少し値段が高くついてしまうでしょう。ハワイには多くの日本人が住んでいますが、日本の製品はハワイに輸入しなければいけないので、日本で買うより少し高くなります。

反対にアメリカの製品はそこまで高くないので、アメリカの食事と日本の食事を上手く混ぜることで上手く節約できるでしょう。上手く節約することができれば日本と同等かそれよりも安く済ませることは可能です。

ハワイの医療費と保険代

ハワイ 移住 医療費

ハワイやアメリカに移住する際に最も気をつけなければいけないのが医療費と保険です。アメリカは医療費がかなり高いことで有名です。アメリカでは医療費が高すぎて破産する人も少なくありません。

日本で育った皆さんには考えられないほど高額を請求されます。風邪の治療ですら3万円の請求、虫歯の治療ですら10万円請求されることも稀ではありません。したがってハワイやアメリカでは保険にしておかないと大変なことになります。

 

アメリカの保険は複雑

アメリカには保険制度がなく自分で任意に保険に加入しないといけないことに加え、体の部位によっても保険適用範囲が変わってくるので専門家に聞くか自分で詳しく調べないといけません。

保険料の目安として大人2人、子供1人だと毎月10万円ほどかかります。会社が保険を提供する場合もありますが、そうでない場合は保険料を自己負担が必要になります。

ハワイでの移動費

ハワイ 移住 移動費
アメリカは車社会で多くの場所では車が必要になりますがハワイではそれが当てはまりません。車はガソリン、メンテナンス費、保険代で月々数百ドル支払う必要がありますが、ハワイではバスを有効活用することでその出費を抑えることができます。

アメリカではほとんどの方がバスには乗らず、ホームレスや貧しい人がバスに乗っていますが、ハワイはそんなことはありません。ハワイでは毎月60ドルでバス乗り放題のサービスがあります。配車サービスのUberを使っても比較的安価で移動することが出来ます。

 

日本への飛行機代

ハワイに移住した方でも年に1回は飛行機で帰国するでしょう。ハワイ日本間の飛行機は安くはなく最低でも10万円以上は費用がかかります。ハワイでグリーンカードを取得した場合は、国外に年間180日間以上滞在することはできないので注意が必要です。

結局ハワイの生活費はいくらかかる?

ハワイ 移住 生活費 総計

結局ハワイで生活するにはどのくらい生活費がかかるかですが、大人二人で月に約40万円、子供がいれば50万円程度のお金が必要になってきます。東京で暮らすより少し高いぐらいの生活費が必要になってきます。節約して質素にハワイに住みたいなら20万円~25万円で暮らすことは可能です。

ハワイで生活費を払うために働くことが必要になってくる方もいるかもしれません。ハワイでは日本向けのビジネスが多いため、アメリカ本土に比べて日本人は仕事が取りやすい環境にあります。夫婦で働けばハワイで生活していけるだけのお金は稼ぐことができるでしょう。

ハワイに移住して年金はもらえるの?

ハワイ 移住 年金

海外移住の際に年金はどうなるんだろうと気になる方は多いでしょう。

60歳未満の方

本来なら60歳未満の方は年金を払わなければいけない義務が発生しますが、海外に移住する場合はその義務がなくなります。将来もらえる額が減少しますが、海外から年金を日本に払う必要はありません。海外居住者の年金は「任意」なので、もし将来が不安な方は年金を日本に納めることは可能です。

65歳以上の方

65歳以上の方は海外にいても年金を受給することは可能です。アメリカでグリーンカードを取得して、その後市民権を獲得し、アメリカ国籍に変更したいと思っている方もいるかもしれません。たとえ、日本国籍を放棄してアメリカ国籍に変更しても年金は受け取ることができます。年金の受け取り先はアメリカの銀行を指定することもできるので心配することはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です